主婦の味方130万の壁とは

主婦の味方130万の壁とは

パートしている主婦なら聞いたことがある130万円の壁ですが、それは主婦を守ってくれている壁なのです。でも、壁の内側にいただけでは、開けない未来もあるのです。壁を乗り越えると、一体そこには何があるのか・・・。

主婦に人気のパート探し(TOP)>>主婦におすすめバイト【一覧】>主婦の味方130万の壁とは

社会保険の壁と言われる130万円とは

主婦を守ってくれる130万円の壁

主婦を守る130万円の壁

主婦がパートで働くときに耳にする130万円の壁というものは、社会保険に関連する主婦を守る壁です。

つまり、簡単に言うと収入が130万円未満なら妻は夫の扶養下で、社会保険料(健康保険料や国民年金料)を支払う必要がない・・・つまり主婦を守ってくれている壁なのです。

もしも壁を乗り越えたら…どうなるの?

この壁を越えると、主婦自身で社会保険料を支払う必要が出てくるのです。

【参考例】東京在住のパート収入150万円の40歳主婦が、壁を超えない年収129万円の場合と、壁を越えて150万円稼いだ場合の比較をすると・・・

夫の扶養から外れて支払う社会保険料は・・・

  • 国民年金:約19万円(1年)
  • 健康保険:約14万円(1年)

つまり、収入が150万円あっても、社会保険料に33万円持っていかれるため、手取りは117万円となります。

同じ人がパート収入を129万円に抑えると、手取りは129万円となり、収入の多いときより手取りが増えるという逆転現象が起きるのです。

【注】金額はあくまでも目安です。

壁(扶養控除)の見直し

最近、専業主婦でない人たちや独身者の意見、女性の社会進出などの観点から、主婦の扶養控除の見直しが行われているのですが、今後どのような形で決着を見るのかは不明です。

壁の高さが150万円に引き上げられるということもあるようですが・・・

いずれにしても、一定の壁が設置される以上、パートで働くならその壁を乗り越えないようにする必要があるでしょう。

>>扶養範囲内でのパート探し

壁を乗り越えて働くのも一つの選択肢

壁を乗り越えて働くのも一つの選択肢

でも、壁の中にいる限り開けない未来があるのです。

働きがいのある仕事、自分のやりたい仕事を思いっきりやってガッツリ稼いで行くという未来です。

壁にこだわらずに、いっそ逆に、どうせ働くなら正社員としてしっかり働き、厚生年金、有給休暇、会社の福利厚生面の活用などを享受するという手もあります。

主婦のあなたも正社員を目指してみよう

壁を少し超えるくらいなら、いっそ正社員として働いて、社会保険料を支払っても十分に余裕のある収入を得るのがこれからの主婦の働き方かもしれません。

「正社員で働いたことがないけど、正社員として働きたい」、「いままでやったことがない仕事がしたい」など、壁を乗り越えようとする主婦の正社員への第一歩を支援してくれるのが、バイトルNEXTです。

正社員を目指すなら
矢印

analize