配偶者控除(103万円の壁)廃止に備えた働き方

配偶者控除(103万円の壁)廃止に備えた働き方

所得税の配偶者控除廃止に向けた動きが加速していて、いわゆる103万円の壁が崩れることで家族手当もなくなる可能性が出てきています。したがって、妻もしっかり働いて稼ぐ時代になる準備を今から始める必要がありそうです。

主婦に人気のパート探し(TOP)>>主婦におすすめバイト【一覧】>配偶者控除(103万円の壁)廃止に備えた働き方

所得税の配偶者控除が廃止される?!

所得税の配偶者控除の廃止2018年1月からスタートすべく見当が行われています。

103万円の壁が崩壊!!

いわゆる「103万円の壁」が取り払われることになります。

これにより、夫が外で働き、妻が専業主婦として家庭を守るという家族モデルからの脱却が加速することになります。

妻もしっかりと働き稼げる時代に!!

つまり、妻もしっかり働く、社会進出してもらおう・・・というのがこれからの家族モデルになっていくようです。

この背景には、専業主婦世帯への税制の優遇処置(103万円の壁など)に対する不平不満が世間に蔓延しつつあるということがあるようです。 (参照:プレジデント 2016年10月)

政府・与党は、2017年度税制改正で、年収103万円以下の配偶者を持つ人の所得税を軽減する「配偶者控除」の廃止を見送る方針を固めた。(読売新聞:2016/10/6)

17年度は年収制限の緩和など制度の見直しまでとなるようですが、配偶者控除の廃止は女性の社会進出を促すうえで有効であることから、数年かけて存廃が検討されるようなので、しっかり働く準備を今からすべきか一度考えても良いのではないかと思います。

103万円の壁とともに崩れるもの

103万円の壁とともに崩れるもの

この103万円の壁が崩れると、どうようの考え方を根拠に支給されていた家族手当なども影響を受けなくなる可能性も出て来るようです。

これからの主婦の働き方

これからパートで働こうと考えている主婦の方には、2018年1月以降の働き方を見据えて、今からしっかり働く準備をする必要があると思います。

資格取得? 派遣・正社員?

そのためには、資格を取得して手に職を付けるようにしたり、今から正社員を目指して派遣登録したりすることが重要だと思います。

これまで近所のパートで103円の壁を越えないようにして働いていたなら、これからはその壁を乗り越えて働く勇気、情熱、希望を持つ必要があると思います。

きちんと働くためには、自分一人で仕事を探すより、専門家に相談しながら、あなたに合った仕事、職場を見つける方が簡単で確実だと思います。

働くための第一歩を踏み出すなら・・・

そのための第一歩として、正社員を目指す人の仕事探しなら、手軽に探せるバイトルNEXTが便利です。

社員を目指す一歩はココから
矢印

また、派遣から始めてみたいなら、人材派遣のプロであるリクルートスタッフィングに相談してみることを進めます。

多くの企業の情報を持っていて、専任のアドバイザーからの助言も受けられるため、安心して103万円の壁を乗り越える仕事を見つけることができると思います。

analize