試験監督のバイトは主婦でもできるのか

試験監督のバイトは主婦でもできるのか

TOEIC、英検、漢検など試験監督のバイトが短期バイトで人気と言いますが、勉強や試験から久しく離れている主婦でも大丈夫です。試験問題の配布、回答の回収、試験会場での監督などが仕事で、試験を受けるわけではありません。1日の報酬も高いのでおすすめです。

主婦に人気のパート探し(TOP)>>主婦の仕事の悩み・相談【一覧】>試験監督のバイトは主婦でもできるのか

主婦にもおすすめのTOEIC試験監督

TOEIC試験監督

試験監督バイトは超人気バイト

TOEIC試験って聞いたことありますか。

英語のコミュニケーション能力試験のことで、学生やビジネスマンなどが受験する試験です。

そのTOEIC試験は年に10回、日本全国で実施されていて、その試験監督バイトがおすすめなのです。

TOEIC試験は、1、3、4、5、6、7、9、10、11、12月の合計10回、全国約80都市で開催されているから、あなたの地元近くでもきっとTOEIC試験官バイトは見つかるはずです。

丸1日、試験の監督をするだけで1万円前後の報酬が得られちゃうから、知る人ぞ知る人気バイトの一つです。

>>履歴書不要!勤務地多数♪試験監督

近くの会場で試験があるならすぐに応募

日本全国で行われている試験ですので、地元の試験会場でバイト募集が行われていたら、すぐに応募してください。

なぜなら、試験監督のバイトは主婦以外にも学生も狙っているバイトだからです。

また、試験監督バイトは、英語のTOEICだけでなく、漢字検定(漢検)、様々な資格試験、模擬試験などでも同様の業務内容なので、超ド短期(1日限定)で稼ぎたい主婦にはおすすめです。

試験監督は主婦にもできるのか

英語知らなくても試験監督はできます!!

主婦の中には英語が分からないのでTOEICの試験監督は無理と考えている人もいるようです。

しかし、そもそも試験内容など立ち入ったことについての業務を行うものではありませんので、主婦でも大丈夫です。

ただし、試験会場では必要な事項を説明したり、人前でのアナウンスをしたりすることもあるため、大きな声を出せる度胸は必要です・・・、堂々として話せば問題ありませんが。

私が登録した全国試験運営センター

英検試験などの試験監督のパートを探していて見つけたのが全国試験運営センターでした。

一度に50名以上の募集をしていたので、採用確率は高いと踏んで応募しました。

応募資格は高卒以上の社会人のようで、まずは説明・登録会への参加が必要でした。

説明会は約2時間で、身上届を会場で作成するために、写真、ペン、印鑑などを持参しました。

仕事は、土日で働けるために、育児、家事など主婦業との両立もでき、週末だけでも仕事をすることで社会とのつながりを感じることができ、生きがいを感じられるようになりました。

>>試験監督・試験官パート探し

主任監督員より補助監督員を選ぼう

試験監督には、主任監督員と補助監督員の2種類がありますが、初めてなら補助監督員を選びましょう。

補助監督員の主な業務は、主任監督員の補佐で、問題、答案の配布と回収、監督などをすることです。

主任監督員の補佐をするだけなので、結構暇なバイトになります。

>>主婦がやった試験監督バイトレポ

確実にバイトしたいなら・・・

試験監督のバイトだけのことではありませんが、どうしても確実にバイトにありつきたいのなら、一度に複数(3~4)案件に応募することです。

特に人気の試験監督のバイトなら、複数案件に応募するようにしてください。

なお、TOEICの試験監督バイトではスーツ着用なので、スーツの準備だけはしておきましょう。

主婦でできる試験監督官バイト
矢印

履歴書不要!勤務地多数♪TOEIC試験監督