主婦がやってみたTOEIC試験監督バイトとは

主婦がやってみたTOEIC試験監督バイトとは

1日で稼げると話題のTOEIC試験監督のアルバイトですが、主婦の私でもできたので、結構おすすめかと思います。試験の監督ということで、ある意味責任は重大ですが、意外とできるものでした。

主婦に人気のパート探し(TOP)>>主婦におすすめバイト【一覧】>主婦がやってみたTOEIC試験監督バイトとは

TOEIC試験監督バイトとは

TOEIC試験監督バイト

TOEIC試験は、英語のコミュニケーション能力(リスニングとリーディング)を評価する試験で、年に10回実施され、ビジネスマン、学生、主婦など幅広い人々が受験しています。

そのTOEIC試験の監督をするバイトが、TOEIC試験監督です。

TOEIC試験監督官は2種類

TOEIC試験監督のバイトには2種類あります。

TOEIC試験の主任監督員

一つは、試験の開始・終了を告げたり、試験の事前説明をしたりするのが主任監督員です。

TOEIC試験の補助監督員

もう一つは、主任監督員の補佐役として、問題、答案の配布や回収などを行う補助監督員です。

主婦の私は補助の方を選びました!!

主婦の私は初めてだったので、主任監督員と一緒に試験に携わる『補助監督員』のバイトを選びました。

TOEIC試験監督のバイトは学生さんにも人気のようですので、早めに応募、できれば複数応募しておく方が良いと思います。

TOEICの補助監督員やってみて

これなら、またやってみたい!!

初めてTOEIC試験の補助監督員バイトをやってみましたが、これなら何度でもやりたいというのが本音です。

1日の単発バイトになるのですが、約1万弱のバイト代が入りますし、受験生からみるとバイトと言えども試験する側なので、何となく気分も良い感じでした。

不安と緊張もあったけど大丈夫でした!!

初めてで不安もありましたが、事前説明会もあって、当日はトラブルなく勤務できました。

肝心の業務内容ですが、問題の配布や回収、数の確認、試験中の不正防止(監視)などで、ちょっと緊張はするのですが、主婦にはいい刺激で、この点もマルです。

注意点としては、スーツ着用しなければならないこと、土日など休みの開催が多いことです。

TOEIC試験監督のバイト探し

年に10回の試験が全国各地の会場で実施されているので、探せば結構見つかります。

ただし、かなり人気のバイトなので、会場(エリア)、実施日を決めて、早めに探してみてください。

主婦でも出来たTOEIC試験監督官
矢印

履歴書不要!勤務地多数♪TOEIC試験監督

analize